スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花

もう二週間前になりますが

長谷寺に 紫陽花を見に行ってきました‥

8時前に到着しましたが、

入口から すでに長い列ができていました。


まだ 時期が早すぎましたね、

満開ではなかったです。



紫陽花の道の出口のところで 一枚!

メインの道では、紫陽花より人が‥。゚(゚´Д`゚)゚。




鎌倉駅のスタバで お茶をいただき休憩




うちに帰宅‥

まだ 10時前でした



どこ行ってたの~




スポンサーサイト

今日は 暑いの?涼しいの?

ふっかふっかのほっぺ


おてて伸ばしてよく寝てるね


何か聞こえる

タッチも 復活

毎日のおやつの催促

くださいな


体重も 戻ったし一安心かな。


だけど、この不安定な気温

どうにかならないかな‥

毎朝 出勤前、エアコンの設定温度で

悩んでいます。

病院Part2

翌日、

というより 病院へ行った夕方から‥

食べる!出す!走る!と大復活


先生、なんの薬を

注射してくださったのかしら?

と思うほどの元気でした。


それから問題なく過ごしてきたので、

10日後の土曜日に 手術の件で 先生にご相談に

行きました。


くりんさん、次の日に来なかったから

スタッフと、ものすごーく心配してたんだよ!

と言われちゃいました

先生、ごめんなさい‥

具合が悪かったらくるつもりでしたが‥

こんなんで、あんなんで

とっても元気になったので

とご報告すると、

よかったね、本当にこの子は

生命力が強いね!って

お褒めの言葉をいただきました


そして、肺の事を考えて

麻酔をかける事にも 不安だし、

手術をした負担など

普通の生活へ戻れるかも不安なので、

このまま 対処療法でいきたいことを

お伝えすると


先生からも、

うさぎさんは 元気でも麻酔をすることは

リスクになります、

くりんさんの場合は

もっと負荷がかかりますから‥


横隔膜から もっとたくさんの

臓器が出てしまってると緊急手術ですが

こんなに元気なら 定期的にレントゲンを撮って

様子を見ましょう!

という事になりました。




横隔膜ヘルニアになっても 症状がでずに

普通に生活していて

わからないで終わる

うさぎさんもいるそうです‥



よかった‥

よかった、よかったね と言いながら

病院からの帰り道が 本当に嬉しかったです。


無理な治療をせず、

色々と考えてくださる先生、

本当に感謝いたしますm(_ _)m


定期的にレントゲン検査をしたり、

少しでも調子が下がるようであれば

先生のとこに行こうね


今日は お爪だけ切りました

元気です


爆睡中




手術をする事が 良い事かどうかは

それぞれのうさぎさんの状態で

決まる事だと思います‥


今回のくりんの決断は

くりんにとって良いものかどうかは

わかりません‥


でも、くりんが苦しくなく、

たくさん牧草を食べて 、

楽しく生活できる事を 1番に考えました。

まだまだ、6歳だもんね

元気に過ごせるように

ママも頑張るよ

病院 Part1

昨日は手術の件について 、

塚越先生にご相談したくて

病院へ行ってきました。


3月末から体調崩したくりん、

レントゲンには、右側肺の下方部分が

毎回、白くモヤモヤと映っていました。


血液検査では、極端に悪いところはなく

原因はわからないのですが

走ったり激しく動いた後に

苦しくなるのは このせいだということでした。

少しでも楽にしてあげたくて

先生から勧められた、酸素ハウスもレンタルし、

その、酸素も体調を見ながら、

少しずつ 酸素濃度も減らし、

取り入れる時間も減らしていきました。

ゴールデンウイークも 元気に過ごし、

お腹の調子も 完全復活していた先々週‥


昼から 全く飲まず食わずの状態に‥

それでも部屋に出たいというので

少しでも お腹が、動けばと思い

部屋んぽさせました。

突然 ダッと 走り出したくりん

その後には 大きな大きな 軟便の塊が

落ちてました。

これでスッキリするかなと思いましたが

その後も 食べない 飲まない‥


次の日、朝一で 病院へ。

レントゲン 血液検査をしました。

先生から

『横隔膜ヘルニア』

という病名


横隔膜を内臓が 突き破り

臓器が肺の方へ上がってしまい

心臓や肺を圧迫するのだそうです。

ただでさえ、肺の機能が悪いのに‥



手術をするなら何例も経験のある病院を

紹介してくださるということ。

ただ、くりんの場合は 胃がすこし

出てしまってるだけなので

緊急という事ではなく

まずは お腹が動き出す薬を注射して

様子を見ることになりました。


状態が 変わらなければ

明日も注射をしにきてくださいと

言われました‥。


肺が白くなってる‥

肺の周りに水がでてる‥

横隔膜ヘルニア‥


だんだん良くなるのではなく

良くなってきたなと思うと‥

ガタッと悪い方へ‥


これって、良くなってきてるのではなく、

うさぎさん特有の病気を隠してるからなのかな。

どうしたらいいのか‥

次につづく‥

おやつ~!

おやつを‥の言葉が聞こえると

慌ててケージに 飛び込むくりん


もらった葛の葉を加えて 奥へ

誰も取りませんから‥




お掃除の時も ケージの前に座ると

どこにいても 走ってきて

膝の上に‥


乾燥パパイヤだぁ~


この日は、何かないでしゅか~?って

おててをママの膝の上に乗せて

ちょうだいポーズ



う~ん 可愛い

いつも以上に 甘えん坊のくりん


でも、本気走りは しないようにしないとね。

負担が大きいから‥


でも、良かった‥

くりんがいつもの生活に戻れた事が

本当に 良かった

おとなしくなんてできない!

くりんがいないな~って思っていたら‥

パパのPCの椅子に乗って ドヤ顔してたり!




そろそろ寝る時間だなって思っていると

自分からケージに戻って

偉い?偉い?って

おやつの催促したり‥




おやつは 乾燥りんごです

なんだか 今週は とっても元気



お天気が崩れてくると、

くりんの体調も崩れてきてる‥


今日 明日と 雨

大丈夫かな‥(´Д` ) お留守番‥



休暇の日

ママが休暇でお家にいた昨日、

午前中は ペレットも牧草も 食べていました。

う○ちも 出ていて

お昼の時も ケージで静かに寝てる様子でした。


夕方になって、出る?

ケージを開けると なかなか出てこない‥

あれれ?調子が悪いのかな?


結局、お昼過ぎからは

食べない う○ちも出ないが続きました。


今朝、1番で病院へ行ってきました。

肺の事もあるので

レントゲンと血液検査をしました。



レントゲンに写った写真をみて

先生から 手術が必要な状況です‥

大きな病院でしか手術ができません‥

でも、くりんさんは 肺に疾患があるので

麻酔をかけることも‥


色々 先生も 説明をしてくださりながら

考えてくださいました。



薬が大嫌いで それだけでもストレスのくりん


先生からは

とにかくお腹の調子をまず治しましょう‥

今日は注射しますねと

注射をしていただきました。


明日になっても お腹の調子が戻らなかったら

連れてきてくださいね、

くりんさんは 抗生剤とかより

酸素ハウスとか 漢方や 自然の薬が

いいんだよね‥って 言われました。



帰宅後は、夕方から 普通に‥

いやいや いつもより牧草を食べて

いつもより 元気で

パパ、兄ちゃんの後をついてまわってました


とってもお利口さんで‥

たくさん牧草を食べて たくさん出して、

少しドキドキしてるって感じが続いてます。


来週、病院へ行って

先生にもう一度 説明を受けて 決断します。


わあちゃんも兄ちゃんもパパもママも

麻酔をかける事が、くりんにとって

危険ということを考えると‥



苦しいのに、病気を隠してるのかな?





いつもと変わらないくりんです‥

ゴールデンウイーク

黄金のう○ちくんが 出てきました!!

お休みに入ってから 調子も⤴︎⤴︎⤴︎



盲腸糞も 普通の大きさにもどって

ちゃんと食糞もできてるみたい


良かった

なかなか‥

酸素ハウスに入ってから

ドキドキが激しくなる事がなくなりましたが‥


今回の苦しい状態のストレスで

すっかりお腹の調子が悪くなり

軟便が続いてしまったくりん‥


牧草しか食べなくて‥

あんなに好きだった

うさぎのチカラ(サプリ)も ペレットも

全然食べてない‥

生りんごちゃんも セロリも 無視



お腹の音 すごいんだよね‥

これは 苦しくて 牧草を食べながら

空気を一緒に食べちゃうから

腸で グゥオーン ってなるようです。

お腹にお耳をあてなくても 聞こえる音。

くんちゃん、辛いね‥


今週は おばあちゃんにも 見に来てもらい、

兄ちゃん早めに帰宅できるので

がんばろ~!

あと一週間で 連休だよ~





発作

昨日、久々に ドキドキが激しく

横になり頭が上がらない時間がありました


夕方、学校から帰宅した兄ちゃんから

Lineが入り くりん、具合悪そ と!

ケージの中で 横になってるけど

心臓がハグバクしてると!


今まで 具合が悪くて

丸くなっていたくりんを 見ても、

くりん寝てるよ という報告しかしてこなかった

兄ちゃんが∑(゚Д゚)


くりん、具合が悪そ って!!


慌てて仕事を終わらせて 帰宅しました。


帰宅した時は いつも通りに戻ってましたが

ケージから出して 少し走ると

やはり辛そうでした‥



今朝は落ち着いていましたが、

部屋で動いたり、牧草を食べた後、

すぐ横になり ぐたーっとなるので

今日は 病院へ行ってきました‥


塚越先生からは

肺の周りに水が出ていて(胸水)

そのために肺が膨らまなくて苦しいと。

お水を外に出す薬を

注射をしていただきました。


うさぎさんの場合は

胸へ直接注射で水を抜くことは

危険なのだそうです。


レントゲンをみて 、あまり良い状態ではない

おそらくかなり苦しいよと言われて

酸素ハウスを 紹介していただきました。


ホームページで 注文すると

明日には届きます!ってことだったんですが‥

少しでも早く 楽にしてあげたくて、

くりんをうちに連れて帰り

すぐに お店に電話して 予約を取り

そのまま お店のある桜木町まで

取りに行きました‥



夕方には 酸素ハウスをセットして

くりんの状態も 落ち着きました


こちらが 酸素製造機!




大きさは 思ったよりも 小型でしたが‥

音がすごい

プシュ~ プシュ~

って バスの音みたい

熱気も!!

今はいいけど これから暑くなると

大変だなぁ‥考えなくちゃね


レンタルしたプラスチックのケージは、

酸素濃度をあげるためには必要なんです。

でも、くりんには、

かなりのストレスになるだろうとの事で


いつものケージに 酸素を供給する事に

しました。

もともと 側面、後面には

ビニールをかけていたので

前面にもビニールをかけて、

なるべく環境を変えずに

酸素濃度をあげることにしました。



くりんの為なら なんでもするのだ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。